妊婦さんへ

妊婦はむし歯になりやすい

よく「こどもを1人生むと、歯が1本抜ける」といわれますが、胎児に母親のカルシウムがとられるからではありません。妊娠すると、お口のなかはむし歯や歯周病などにかかりやすくなります。それは、①妊娠のため唾液が酸性になり、ねばっこくなっている(歯垢がふえる)、②つわりなどで食事の回数がふえて、口のなかが汚れやすくなる、③ハブラシを入れると気持ち悪くなったりする…などによるものです。これを防ぐには、1日何回でも「食べたらみがく」習慣をきちんと守って、常にお口のなかを清潔にしておくことが大切です。

お母さんになるために

歯や歯ぐきの病気は、最初のうちはあまり気がつかないものです。とくに妊娠中は悪化しやすいので、妊娠とわかれば、できるだけ早いうちにお口の健康診断をうけることが大切です。歯医者さんに診てもらうときは、必ず妊娠していることを告げてから、診察を受けてください。