予防歯科

歯の健康維持は、歯科医院と二人三脚で

健康な歯を保つためには、半年から1年に1回(子どもは3ヶ月から半年に1回)を目安に歯の検診を受けるとよいでしょう。
歯科医院で、歯のチェックや、歯石の除去をしてもらい、正しい歯磨き方法を覚えましょう。単に歯磨きをしていれば、むし歯を予防できるというものではなく、専門医と二人三脚で歯を守っていくことが健康な歯を保つ近道なのです。

こんな場所が
むし歯になりやすい

かみ合わせ部分の溝、奥歯の後ろ、歯と歯の間、歯と歯肉の境目

大人が気をつけたい
「二次う蝕」

大人に多いのは、過去に処置した歯が、再びむし歯になる「二次う蝕」。 むし歯が進行していても、かぶせたクラウン(歯冠)が外れるなどしないと気づかないことがあり、重症化しやすい。